• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
NTTテクノクロス株式会社

MC3000で対象機器を起動できない場合の原因切り分け手順

はじめに

WOLコントローラ「MC3000」で対象機器マウスをのせると詳細が表示されます。を起動できない場合、下記の原因が考えられます。

  • 対象機器にマジックパケットマウスをのせると詳細が表示されます。が届いていない
  • MC3000に登録した対象機器のMACアドレスが間違っている
  • 対象機器がWOL機能マウスをのせると詳細が表示されます。による起動に対応していない、もしくは起動ができない状態になっている

本ページでは、MC3000で対象機器を起動できない場合の、原因の切り分け手順を説明します。

手順

注意事項

Windowsファイアウォール以外のファイアウォールを使用している場合は、事前に本ツール名(MPFinder.exe)もしくはマジックパケットを検出するポート番号(初期設定:9)の通信を許可してください。

Step 1

MC3000で起動したい対象機器に、「MagicPacket Finder」をダウンロードします。

原因切り分けツール「MagicPacket Finder」のダウンロード

Step 2

ダウンロードした「mpfinder.zip」を右クリックし、表示されたメニューから「すべて展開...」を選択し、ファイルを展開します。

Step 3

ダウンロードした場所にある「MPFinder.exe」を右クリックし、表示されたメニューから「管理者として実行...」を選択します。

Step 4

ツールが起動し、下図が表示されます。

  • MC3000において「MagicPacketポート番号」を変更していない場合は、[Step 5]に進みます。
  • MC3000において「MagicPacketポート番号」を変更した場合は、 「config」を押し、表示された画面の[Port No.]に、MC3000において設定した「MagicPacketポート番号」を入力し、「OK」を押します。続いて、[Step 5]に進みます。

Step 5

「Start」を押します。

Step 6

下図が表示されると同時に、マジックパケットの検出が開始されます。
任意の端末からマジックコネクトでMC3000にアクセスし、本ツールを実行している対象機器の起動をリクエストします。

Step 7

マジックパケットを検出するごとに、リストにマジックパケットのデータが表示されます。

各項目の説明

  • Arrival Time:マジックパケットを検出した日時です。
  • MAC Address:マジックパケットに含まれるMACアドレスです。
  • WOL Function:リストに表示されたMACアドレスが、本ツールを実行している対象機器のMACアドレスであった場合は「OK」、異なる場合は「NG」と表示されます。

マジックパケット検出結果に応じて、下記の原因が考えられます。

  • リストに何も表示されない(マジックパケットが検出されない)場合
    • MC3000に登録した対象機器のブロードキャストアドレスが間違っている
    • LANのルータやL3スイッチの設定が間違っている
  • マジックパケットが検出され、[WOL Function]に「NG」と表示された場合
    • MC3000に登録した対象機器のMACアドレスが間違っている
  • マジックパケットが検出され、[WOL Function]に「OK」と表示された場合
    • 対象機器がWOL機能による起動に対応していない、もしくは許可しない設定になっている
    • MC3000に登録した対象機器のMACアドレスが無線LANインターフェースのものになっている

マジックパケット検出結果は、必要に応じてCSVファイルで保存することができます。
「Stop」を押したあと、「Save」を押すと、ファイル保存ダイアログが表示され、任意の場所に保存できます。

以上で終了です。