• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
NTTテクノクロス株式会社

クライアントプログラムの設定変更/操作が可能なユーザを制限する方法

はじめに

対象機器マウスをのせると詳細が表示されます。用クライアントプログラムは、全てのユーザによって、設定変更や操作(接続/切断)ができます。

複数ユーザが利用するWindows Serverなどで、管理者権限ユーザ以外に設定変更や操作をさせたくない場合の設定手順を説明します。

手順

Step 1

クライアントプログラムをインストールした対象機器に、管理者権限ユーザでログオンします。

Step 2

画面右下にあるタスクトレイの炎のアイコンと、対象機器のOSを確認し、以下のフォルダを開きます。

1.炎のアイコンがブルーの炎のアイコンもしくはグレーの炎のアイコンかつ

  • OSがWindows 32bitの場合は、「C:\Program Files\MagicConnect2.0 」を開きます。
  • OSがWindows 64bitの場合は、「C:\Program Files (x86)\MagicConnect2.0」を開きます。

2.炎のアイコンが2がついたブルーの炎のアイコンもしくは2がついたグレーの炎のアイコンかつ

  • OSがWindows 32bitの場合は、「C:\Program Files\MagicConnect2.0 (2)」を開きます。
  • OSがWindows 64bitの場合は、「C:\Program Files (x86)\MagicConnect2.0 (2)」を開きます。

Step 3

「mccln.cfg」を右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択します。

Step 4

[セキュリティ]タブの「編集...」を押します。

Step 5

[グループ名またはユーザー名:]-[Authenticated Users]を選択し、[Authenticated Users のアクセス許可]-[許可]の「読み取りと実行」「読み取り」以外の項目のチェックボックスを外し、「OK」を押します。

Step 6

「OK」を押します。

以上で終了です。
管理者権限ユーザ以外は、設定の項目がグレーアウトし、設定変更や操作ができなくなります。