• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
NTTテクノクロス株式会社

接続時に認証エラーが発生した場合の対処方法

日本国外にあるサーバでのマジックコネクト利用を契約されたお客様は、認証エラー理由を表示する管理機能をご利用いただくことはできません。

はじめに

マジックコネクトの接続時に、ユーザ名またはパスワードが間違っている場合、許可されていない端末から接続している場合、認証エラーのメッセージが表示されます。

※ 認証エラーで表示される「お問い合わせコード」は283/291/293です。(古いマジックコネクトのバージョンをお使いの場合は、「お問い合わせコード」は表示されません。)
認証エラー以外のメッセージが表示された場合は、「よくあるご質問」または「お問い合わせコードと対処方法」をご参照ください。

認証エラーの理由は、セキュリティのため、メッセージには表示していません。
アカウント管理者マウスをのせると詳細が表示されます。向け管理機能からご確認ください。

アカウント管理者向け管理機能から認証エラーの理由と対処方法を確認する手順

本項目では、アカウント管理者向け管理機能から認証エラーの理由と対処方法を確認する手順を説明します。

Step 1

アカウント管理者向け管理機能にアクセスします。

管理機能はこちら

※ 一般ユーザマウスをのせると詳細が表示されます。が、アカウント管理者に認証エラーの理由の調査を依頼する場合は、下記の3つの情報を伝えてください。

  • マジックコネクトのユーザ名
  • 手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。/対象機器マウスをのせると詳細が表示されます。のどちらで認証エラーが発生したか
  • 認証エラーが発生した時間

Step 2

アクセス履歴画面で、[種別:ビューアとクライアント]、[認証結果:全ての接続]を選択し、[更新]を押して全ての履歴を表示します。

※ 管理機能の詳細な利用方法は、「クラウドサービス管理機能の利用手順(アカウント管理者用)」をご参照ください。

Step 3

[Step 1]の3つの情報に合致するアクセス履歴の[認証結果]を確認します。
([種別]のViewerは手元端末、Clientは対象機器を表します。)

Step 4

[認証結果]に対応する対処方法を、下記項目から確認します。

認証エラーの理由と対処方法の一覧

認証エラーが起こったアクセス履歴が管理機能で表示されない場合 開く
説明マジックコネクトのサーバまたはユーザ名が間違っています。
対処正しいサーバとユーザ名を確認し、入力します。
認証エラーの理由

「MCビューアから送信されたパスワードと、サーバに登録されているパスワードが異なります。」

開く
説明手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。用ビューアプログラムまたはMCアシストに入力したパスワードが間違っています。
対処正しいパスワードを入力します。
認証エラーの理由

「MCクライアントから送信されたパスワードと、サーバに登録されているパスワードが異なります。」

開く
説明対象機器マウスをのせると詳細が表示されます。用クライアントプログラムに入力したパスワードが間違っています。
対処正しいパスワードを入力します。
認証エラーの理由

  • 「NDLからの接続はユーザ管理により許可されていません。」
  • 「XDLからの接続はユーザ管理により許可されていません。」
  • 「EX, PROからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明該当ユーザが、許可されていない製品タイプを利用しています。

メッセージに表示された製品タイプは、下記を意味します。
  • 「NDL」の場合は、USB型 NDL / 指紋認証型 NDL
  • 「XDL」の場合は、USB型 XDL / 指紋認証型 XDL
  • 「EX,PRO」の場合は、USB型 EX / USB型 PRO / 指紋認証型 EX
対処正しいUSBキーとアカウントの組合せで利用します。
認証エラーの理由

  • 「NDL.Sからの接続はユーザ管理により許可されていません。」
  • 「XDL.Sからの接続はユーザ管理により許可されていません。」
  • 「EX.Sからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明該当ユーザが、間違った製品タイプを利用しています。

メッセージに表示された製品タイプは、下記を意味します。
  • 「NDL.S」の場合は、端末型認型 NDL または モバイル(Windows)
  • 「XDL.S」の場合は、端末型認型 XDL
  • 「EX.S」の場合は、端末型認型 EX
対処正しい製品タイプを確認し、利用します。

製品タイプ別セットアップパッケージのダウンロードはこちら
認証エラーの理由

「MCクライアントからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明該当ユーザが、「操作端末専用アカウント」を対象機器マウスをのせると詳細が表示されます。で利用しています。
「操作端末専用アカウント」は、手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。だけがマジックコネクトサーバに接続できるアカウントです。対象機器では接続できません。
対処対象機器で接続可能なアカウントを利用します。

アカウントの詳細はこちら
認証エラーの理由

「このユーザ名では当該のUSBキーは使用できません。」

開く
説明該当ユーザが利用できないUSBキーで接続しています。
対処正しいUSBキーとアカウントの組合せで利用します。
認証エラーの理由

「MACアドレス制限により接続が拒否されました。」

開く
説明該当ユーザが、MACアドレス制限で許可されている端末以外の端末を使用しています。
対処アカウント管理者向け管理機能の[ユーザ管理]によりMACアドレス制限の内容を確認し、下記のいずれかの対処をします。

  • 許可されている端末を使用します。
  • [ユーザ管理]により、該当ユーザが使用している端末の接続を許可します。
認証エラーの理由

「IPアドレス制限により接続が拒否されました。」

開く
説明該当ユーザが、IPアドレス制限で許可されているグローバルIPアドレス以外から接続しています。
対処アカウント管理者向け管理機能の[ユーザ管理]によりIPアドレス制限の内容を確認し、下記のいずれかの対処をします。

  • 許可されているグローバルIPアドレスのネットワークから接続します。
  • [ユーザ管理]により、該当ユーザが使用するネットワークのグローバルIPアドレスの接続を許可します。
認証エラーの理由

「サーバに登録されている端末認証情報と接続元端末の当該情報が異なるので接続できません。」

開く
説明
  • 「端末認証情報」を登録した端末以外の端末を使用すると表示されます。
  • 「iPhone/iPad」を利用している場合、「端末認証情報」を登録後に、手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。用ビューアプログラムを削除、再インストールすると表示されます。
対処
  • 「端末認証情報」を登録した端末を使用します。
  • 「端末認証情報」を登録した端末以外の端末を使用する場合、あるいはビューアプログラムを再インストールした場合は、アカウント管理者向け管理機能の[ユーザ管理]より、該当ユーザの端末認証情報を初期化します。
認証エラーの理由

「端末認証対応ではないMCビューアからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明「端末認証型」または「モバイル」で「端末認証情報」を登録後に、手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。用ビューアプログラムを削除、再インストールすると表示されます。
対処アカウント管理者向け管理機能の[ユーザ管理]により、該当ユーザの端末認証情報を初期化します。
認証エラーの理由

「検疫状態チェック機能付きMCビューアからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明該当ユーザが利用できないプラスエディションの手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。用ビューアプログラム(mc_viewer_plus.exe)で接続しています。

プラスエディションの詳細はこちら
対処
  • 「USB型」または「指紋認証型」の場合は、正しいUSBキーとアカウントの組合せで利用します。
  • 「端末認証型」の場合は、プラス無しタイプのビューアプログラムをインストールして利用します。
  • 「モバイル(Windows)」の場合は、「モバイル(Windows)」のビューアプログラムをインストールして利用します。

ビューアプログラムのインストールはこちら
認証エラーの理由

「検疫状態チェック機能が付いていないMCビューアからの接続はユーザ管理により許可されていません。」

開く
説明該当ユーザが許可されていないプラス無しタイプの手元端末マウスをのせると詳細が表示されます。用ビューアプログラム(mc_viewer.exe)で接続しています。

プラスエディションの詳細はこちら
対処
  • 「USB型」または「指紋認証型」の場合は、プラスエディションのビューアプログラム(mc_viewer_plus.exe)から接続します。
  • 「端末認証型」の場合は、プラスエディションのビューアプログラムをインストールして利用します。
ビューアプログラムのインストールはこちら

※ プラス無しタイプのビューアプログラム(mc_viewer.exe)による接続を許可する場合は、アカウント管理者向け管理機能の[ユーザ管理]より、該当ユーザの「プラス無し(……)併用を許可する」項目のチェックを有効にしてください。