NTTテクノクロスNTTグループのリモートアクセスサービス

FAQよくあるご質問

ご利用中のトラブル

質問

「クライアントプログラムの削除ツール」が削除に失敗します

回答

「クライアントプログラムの削除ツール」を使い、利用しなくなったクライアントプログラムを削除する際、実行環境によっては管理者権限による動作にならず、「レジストリの更新に失敗しました」というエラーが表示され削除できない場合があります。

まずは、対象機器に管理者権限ユーザでログオンしていることをご確認ください。

管理者権限ユーザでログオンして実行しても失敗する場合、以下の手順をお試しください。

  1. 対象機器に管理者権限ユーザでログオンします。
  2. クライアントプログラムの削除ツールをダウンロードします。
  3. ダウンロードした「mc-uninstall-tool.zip」を右クリックし、表示されたメニューから「すべて展開…」を選択します。
  4. タスクバーのスタートボタン(Windowボタン)を右クリックし、表示されたメニューから「Windows PowerShell (管理者)」を選択します。
    (環境によってはメニューにWindows PowerShellが存在しません。その場合は「コマンドプロンプト (管理者)」を選択します。)
  5. 3で展開されたパッケージの中にある「mc-uninstall-tool」フォルダ内の「アンインストール.vbs」を「Shiftキーを押しながら右クリック」し、表示されたメニューから「パスのコピー」を選択します。
  6. Windows PowerShell (またはコマンドプロンプト)のタイトルバーを右クリックし、「編集」→「貼り付け」を選択します。

    ファイル「アンインストール.vbs」の場所が入力されます。
  7. 左矢印キーで行の先頭へ移動し、キーボードで「cscript」と「スペース」を入力します。
  8. Enterキーを押します。
  9. インストールされているクライアントプログラムが表示されます。接続先サーバ名およびユーザ名を確認し、削除するクライアントプログラムを選択して「削除」をクリックします。
  10. 削除に成功すれば、手順は終了です。
    「レジストリの更新に失敗しました」というエラーで失敗した場合、次の手順に進みます。
  11. 手順5~7を再び実施します。
  12. 右矢印キーで行の末尾へ移動し、キーボードで「スペース」「/silent」「スペース」を入力した後、削除するクライアントプログラムのサーバ名先頭部分の文字列を入力します。
    例: naeba.magicconnect.net の場合、「  /silent  naeba
  13. Enterキーを押します。
  14. 「MagicConnect2.0の削除に成功しました。」または
    「MagicConnect2.0 (2)の削除に成功しました。」と表示されれば削除成功です。
一覧に戻る