NTTテクノクロスNTTグループのリモートアクセスサービス

FAQよくあるご質問

ご利用中のトラブル

質問

リモートデスクトップ接続後、青い画面や黒い画面のまま、Windowsのユーザ名やパスワードを入力する画面が表示されず、しばらくすると切断されてしまいます。

回答

 

リモートデスクトップ接続後、上のような画面となってサインインできない場合、
いくつかの原因が考えられます。
本ページの手順を順にお試しください。
 

Windows Hello 以外によるサインインを許可する

対象機器を直接操作して、次の内容をご確認ください。

  1. 普段利用するWindowsユーザー(リモートからアクセスする際にサインインしたいWindowsユーザー)で対象機器にサインインします。
  2. 「スタート」をクリックし、歯車マークアイコンの「設定」をクリックします。
  3. 「アカウント」をクリックします。
  4. 左側のメニューから「サインインオプション」をクリックします。
  5. 項目「MicrosoftアカウントにWindows Hello サインインを要求する」が存在し、状態が「オン」の場合は「オフ」にします。

 
こちらが完了いたしましたら、改めてリモートデスクトップ接続をお試しください。

 

グループポリシーで WDDM グラフィックディスプレイ ドライバー を無効にする

Step1

対象機器に管理者権限でサインインします。

Step2

[Win + R]キーを押下します。
画面が表示されたら[名前]に「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。


Step3

左側のツリーから、以下の項目を順番に開きます。

「コンピューターの構成」→
「管理用テンプレート」→
「Windows コンポーネント」→
「リモートデスクトップ サービス」→
「リモートデスクトップ セッション ホスト」→
「リモート セッション環境」

その後、右側のツリーから、以下の項目を選択し、ダブルクリックします。
「リモート デスクトップ接続に WDDM グラフィックディスプレイ ドライバーを使用する」


Step4

「無効」を選択し、「OK」で画面を閉じます。


Step5

対象機器を再起動します。

Step6

再起動後、改めてリモートデスクトップ接続をお試しください。

キーワード

  • 真っ青
  • 青い
  • 黒画面
  • faq113
一覧に戻る